Works

Zirconia

金属の価格高騰に伴って、近年受注が増加しており弊社のセラミックワークの大半がジルコニアで占めております。
ジルコニアは人工ダイヤモンドで知られるセラミックであり、仕上がりの美しさ、生体への親和性はもとより強度、安全性にも優れた素材です。
弊社ではインレー、クラウンからアバットメントやインプラントブリッジまで幅広く使用しております。

Implant Restorations

高い精度が要求されるインプラント技工には様々なノウハウが必要です。弊社では鋳造からCAD/CAMまで幅広い設計を提案できるように取り組んでおります。

Custom Abutment

カスタムアバットメント(ストローマンCARES)
カスタムアバットメントは設計の自由度が高く、また既製のアバットメントと比較し、価格面でも優位性を備えております。

Straumann® CARES®
Zirconia

Straumann® CARES® アバットメント、セラミックス

セラミックスのCADCAMアバットメントは効果的で予知性のあり、前歯部で優れた審美性を提供します

Straumann® CARES® Variobase™
アバットメント

Straumann® CARES® Variobase™ アバットメント

新しいStraumann® CARES® システム8において、デザインに高い柔軟性を持つハイブリッドアバットメントを提供します。

Straumann® CARES®
Titanium

Straumann® CARES® アバットメント、チタン

チタンのCADCAMアバットメントは効果的で予知性のあり、臼歯部で優れた審美性を提供します。

ZENOSTAR クラウン&ブリッジ

ZENOSTAR クラウン&ブリッジ
ゼノスタークラウンは、クラウン全体をジルコニアで修復するオールセラミックスクラウンです。そのほとんどがジルコニアから成るゼノスタークラウンは、自費フルキャストクラウンと比べ、低コスト※・安全・丈夫・きれいという大きな特長を有しています。貴金属価格が高騰している今、歯科治療は大きな変革の時を迎えています。ゼノスタークラウンは、まさにメタルに代わる歯科材料として注目されています。

低コスト

低コスト

上図は過去5年間の金の価格推移で、2011年8月現在の金価格は、5年前と比べ2倍以上になっています。当然、歯科用金属も価格が上昇するため、歯科医院・患者様への負担が大きくなり、とても健全な状態であるとは言えません。その点、ジルコニアは低コストな上、また金のような投機の対象ではないため、価格がとても安定しています。歯冠修復材料としてのジルコニアは今、歯科用金属よりも低コストになっているのです(金の含有量が少ない合金を除く)。

安全

安全

ジルコニアは、金属イオンの溶出がとても少ない材質であるため、従来の歯科用金属と比べアレルギーの心配が大きく軽減されます。ゼノスターの素材となるジルコニアディスクも、欧州の毒性テストにパスし、日本国内の薬事承認も取得しております。私たち歯科医療に携わる人間は、医療機器を扱う以上、患者様に対し安全で信頼性の高い材料を使用する必要があります。

丈夫

丈夫

ゼノスタークラウンは、ジルコニアをクラウン形態に切削後、ステインなどの着色を行い製作されます。そのため、ジルコニアの強度(曲げ強度約1200MPa/ビッカース硬度約1300HV10)がそのままゼノスタークラウンに反映され、破折の危険性が軽減されます。高強度だと対合歯の摩耗が心配になりますが、チューリッヒ大学の研究(上図)において、対合歯を痛める要因は、硬度ではなく表面粗度であるという結果がでています。

Copyright © 株式会社S・T・F All Rights Reserved.